日本コケイン症候群ネットワーク「2015 宮城の集い」



平成27年宮城県松島の集いCS家族大集合



平成27年9月19日から21日まで、日本三景の松島に全国からCSの家族が集いました。前日までは雨が降り、長袖を準備した方が良いと連絡がありましたが、天気に恵まれ少し汗ばむくらいの集い日和になりました。
初日から大きなイベントの開催と重なり、東京駅や仙台駅では大変な混雑に遭遇した家族も多かったようでした。
私達CSの家族がお世話になっている先生方も、お忙しい時間の中駆けつけてくださいました。CSの新しい情報をお聞きしたり、親たちの心配事に相談に乗ってくださり、日々の不安が解消され心強くいつも感謝の気持ちでいっぱいになります。
家族がそろったところで、CS家族の一人が所属する弦楽合奏グループによる弦楽合奏の会でスタートになりました。普段、生演奏をまじかで聴く機会ははなかなかありませんが、知っている曲もあり手拍子をしたり、口ずさんだり、楽器演奏で参加し温かい時間になりました

合奏の会が終わるころには子供たちは、はじめましての挨拶も終わり笑顔の友達の輪ができていました。
観光地松島へでかけよう!
2日目の20日は、参加者全員で松島観光。
遊覧船に乗り込み、松島の海、波によって芸術的に創りだされた島々を堪能しました。震災の被害があったことを感じさせないくらい力強く穏やかな日常があることに感動しました。さすが松島。
遊覧船を楽しんだ後は、近くのお土産屋さんでかまぼこ手焼き体験、焼き牡蠣を頂き、それぞれが観光地松島を見て回りながら、ホテルに帰りました。
午後からは、総会。CSの家族が集うことの大切さ、何の心配もなく安心して毎年の集いが開催され、遠くに住む家族ももっと気軽に参加できるように、今後の課題も確認されました。多くの家族が、子供の笑顔をみたくて、少しでも安心できる未来を考えられるようにネットワークがあるといいなと感じました。
家族同士が情報を交流するため、子供が寝てからの遅い時間にも座談会が行われました。
楽しくてなかなか寝られない子供もいてちょっぴり参加してしまった宵っ張りの仲間もいました・・・・・・・!
これからも元気でいられるように!
3日間はあっという間に過ぎてしまいます。
最終日には天国に旅立った子供達の追悼の会が行われ、ジャックさんに祈っていただきました。どの子供に対しても愛情が平等に注がれこの会が大切にしている時間です。キャシーさんとジャックさんは、どんな時も離れていてもCSの家族のことを考えてくださっています。私達のお父さんとお母さんです。
音楽を楽しむ笑顔がありました。おいしい!と食事をする得意そうな顔がありました。兄弟も交えてみんなで駆け回り歓声に笑顔が繋がっていきました。遊覧船に乗り込む目はキラキラしていました。お風呂の中でも笑顔があふれていました。その時々が大人にとってもかけがえのない時間になりました。
また、来年元気に会えますように!
開催日:平成27年9月19日(土)から21日(月)
開催場所:宮城県宮城郡松島町
参加メンバー:コケイン症候群ネットワーク14家族(日帰り家族含む)・キャシー・ギャロットさん、ジャック・ギャロットさん・
顧問医ほか医療関係の方々5名様